ナンバープレートの再交付手続きのやり方

ナンバープレートを盗難された場合、また紛失してしまった場合、ナンバープレートの再交付手続きが必要になってきます。

ちなみにナンバープレートがない状態で行動を走行した場合、道路交通法違反で処罰の対象となります。

もしも、ナンバープレートなしで走行しているのを警察官に見つかった場合、職務質問されるので、何らかの理由でナンバープレートを自動車の前後に取り付けてない場合(例えば陸送中でダッシュボードに仮ナンバー置いてるなど)は、ナンバープレートが取り付けられていない合理的な理由を説明することがまずは必要になってきます。

このように、ナンバープレートがない状態は非常にまずいため、盗難や紛失などナンバープレートがなくなってしまった場合、または、破損や汚れによってナンバーが視認できないほど状態が悪くなってしまった場合、速やかにナンバープレートの再交付手続きを行うようにしましょう。

そんなわけで、このページではナンバープレートの再交付手続きのやり方についてご紹介します。

紛失、盗難の場合まっさきに警察署へ届け出る

ナンバープレートの再交付の理由が、盗難や紛失である場合、再交付手続きの前に警察署に盗難届または紛失届を出す必要があります。

盗難・紛失したナンバープレートが、悪意のある第三者の手に渡って悪用されたら、思わぬ犯罪に巻き込まれるリスクも考えられます。

警察署に届け出る際、車両番号標未処分理由書への記載が必要になってきます。

このように盗難、紛失など、ナンバープレートが手元になく返納できない状態になってしまったら、警察署にその旨届け出る義務が発生します。

同一ナンバーの再交付と番号変更による再交付の違い

ナンバープレートの再交付手続きで大きく異なってくるのが、

  • 同一番号でナンバープレートの再交付を受けるか
  • 別番号でナンバープレートの再交付を受けるか

の違いです。

ナンバープレートを破損したり、汚してしまったり、形が変形してしまったなど、返納、回収が可能なのであれば、文字の判別が不可能である場合を除き、同一番号でナンバープレートの再交付を受けることができます。

一方、盗難・窃盗や紛失など、ナンバープレートの返納ができない場合、別ナンバーでのナンバープレートの再交付となってしまいます。
破損や汚損によりナンバープレートの判別が不可能である場合も別ナンバーでの再交付となります。

全く同一のナンバープレートが世の中に複数存在することを許さないために必要な処置だといえます。

同一番号でナンバープレートの再交付を受ける場合、

  • 視認できるナンバープレート
  • 自動車登録番号標再交付申請書
  • 車検証

が手続きの際必要となってきます。

一方、番号変更手続きによるナンバープレートの再交付を受ける場合、

  • 車検証
  • 自動車税申告書
  • 理由書
  • 委任状
  • 申請書
  • 手数料納付書

が手続きの際必要となってきます。

管轄の陸運局でナンバープレートの再交付手続き申請することになります。

ちなみに、住所変更や名義変更により、ナンバープレートが変更になる場合がありますが、その場合は「住所変更手続き」や「名義変更手続き」をもってナンバープレートの変更がなされるので、今回の再交付手続きは必要とはなりません。

いずれにしても、正当な理由のないナンバープレートなしでの走行は処罰の対象となるため、一刻も早いナンバープレートの再交付手続きが必要になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ