パンク時の対処法・修理方法は?

車の安全な走行に欠かせないタイヤ。
当然、空気が抜けてしまうパンク状態はすぐに対処する必要があります。

ただパンクといっても、空気の抜ける速度はタイヤの損傷の程度により異なります。

  • パンクによって完全にタイヤの空気が抜けてしまった状態
  • クギが刺さったなどで、タイヤに小さな穴が開き空気が漏れている状態

大きく分けるとこんな感じです。

タイヤのゴムが裂傷し、完全に空気が抜けた状態で走行すると、タイヤ自体がダメになってしまうため、タイヤ交換が必要になります。

走行中であれば、JAFに頼んだりしてスペアタイヤに交換後、スタンドで修理してもらう必要があります。

ですが、タイヤにクギやネジなどが刺さり、空気漏れしている状態であれば、穴の開いた部分に、ゴムを詰めたり、スプレーで穴を埋めたりすることで、パンクタイヤを修復することもできます。

こうしたタイヤの修復により、タイヤの寿命が縮まるということはないのですが、修復が完全でない場合修復箇所からエアーが抜けだす可能性もあるので、後日空気圧のチェック点検など受けると良いでしょう。

とにかく、タイヤがパンクしたまま走行すると、大事故の元になってしまう可能性もあるため、すぐに対処する必要があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ