自動車ローンの審査は甘い?

自動車を購入する場合、たいていの人が自動車ローンを組むことになると思います。
ローンという名が付く以上、金利を余分に支払わなければならないのですが、なかなか百万円を超えるクルマの代金を現金一括払いできるお金持ちは多くないと思います。

そこで自動車ローンの出番です。
自動車ローンは、マイカーローン、オートローンと呼ばれますが、自動車の購入を目的としたローンになります。

ただ自動車の購入だけでなく、自動車免許の取得代や車検代や自動車修理代などに対しても、自動車ローンの活用は可能です。

自動車ローンにはどのような種類があるのでしょうか?

借りやすさ、金利の低さで異なる自動車ローン

自動車ローンの審査は甘い?まず自動車ローンを組む場合、

  • ディーラー型のマイカーローン
  • 金融機関(銀行や信用金庫やJAなど)型のマイカーローン

の大きく2つのタイプの自動車ローンがあります。

それぞれにメリット・デメリットの特徴があります。

ディーラーでマイカーローンを組んだ場合ですが、とにかく金融機関でローンを組むケースに比べ審査に通りやすいというメリットがあります。

銀行のマイカーローンの審査に落ちて、ディーラーでマイカーローンの審査でOKをもらうことはよくある話ですし、ディーラー型自動車ローンの方が審査に通るまでの期間が短い特徴もあります。

可能であれば金融機関で自動車ローンを組もう

ただディーラーでマイカーローンを組むことは良いことばかりではありません。

自動車ローンは借金ですので、元本の返済にプラスして金利の返済もしていく必要があるのですが、ディーラーでマイカーローンを組んだ場合、金融機関でマイカーローンを組むケースと比べ金利が高いというデメリットがあるのです。

金利が高いということは、元本とは別に多くの利息を払わなければならないということです。

そして、ここが肝心なのですが、ディーラーローンの場合、ローンの支払いが完了するまで、クルマの名義人は購入者(持ち主)ではなくディーラー側(もしくは信販会社)になるのです。

つまり、借金を返済するまで車を担保に取られるということですね。

ディーラーローンの場合、自動車ローンの審査が甘い、よっぽどのことがないと審査に落ちないといわれますが、こうしたことが背景にあるので納得できますね。

なので、私は金融機関で自動車ローンを組むようにしています。
民間の銀行やJAでこのようなオートローンを組む場合、クルマの所有者は一貫して購入者自身なのもうれしいですね。

金融機関の自動車ローンが審査に厳しいとはいえ、サラリーマンとして数年間安定して収入があると客観的に判断され、他のローンの借り入れ状況や返済状況に特段の問題がなければ、それほど高いハードルではないでしょう。

安定した年収やローンの借り入れ状況以外に、利用者の年齢や家族構成や持家の有無についても審査の対象となるようです。

金融機関での申し込みの場合、時間もかかりますが、問題なさそうだと感じた場合、まずは金融機関で自動車ローンを組むことを考えてみてはいかがでしょうか。

ただ、自動車買い替えの場合、今の愛車を高く売ることで、その売却代金をクルマの購入資金に充てることができるので、ローンを組まなくても購入できる場合もあるでしょう。

自動車ローンは借金なので、可能であれば、車を高く売ることで回避できるのであれば、それがもっともおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ