車の臭い対策について

どんなに大切に乗っていても、長く乗っていると車内に車特有の臭いが充満してしまうことがあります。

あのこもった様な嫌な臭いの原因は、「湿気」です。

  • 大雨で車が水没した時
  • 雨に濡れた折り畳み傘をフロアマットの上に置いた時
  • 服がびしょ濡れの状態でシートに腰かけた時
  • 雨の日に窓を開けて運転して車内に雨が入り込んだとき

など、湿気が充満した状態の車内の温度が上がったりすると、雑菌が繁殖し、特有の悪臭がにおうようになるのです。

ほとんどの車オーナーが、この臭いを体験していると思いますが、クサイ車でドライブしても、楽しさは半減してしまいます。

また、車を売る場合でも、買い手がこの臭いを嫌うので、高い価格で売れない可能性が高くなります。

なので、車内の湿度がジメジメと高くなってきてきたら、臭いが発生する前に、車の臭い対策をしっかりと行うようにしましょう。

臭い対策の基本は湿気を取り除くこと

こうした車の臭い対策ですが、基本的にはとにかく臭いの原因になっている湿気を取り除くことになります。

この湿気を取り除く方法ですが、取り急ぎ

  • 水分を含んだもの(シートやフロアマット)などを干す
  • 空調(エアコン)のフィルタを干す(交換する)

を実行すると、臭い対策としては効果てきめんだと思います。

まず、シートやフロアマットが水分を多く含んでしまうと、車内の温度の上昇とともに、雑菌が繁殖するため、臭いの元になります。

そうなる前に、水分を含んでしまったものは、フロアマットなど洗えるものは洗剤で洗った後、しっかりと日干しして乾燥させましょう。
臭いが強烈に染みついている場合は、重曹を使ってクリーニングすることで、臭いを取り除けるケースもあるようです。

このように、こうした水分を取り込みやすい箇所を乾かすのも効果的ですが、内窓や車のルーフ部分、ダッシュボードなどに付着した水分や誇りも取り除くようにしましょう。

それから、エアコン内部も湿気が溜まりやすいため、臭いの温床になってきます。

湿気たエアコンのフィルターを定期的に取り替えたり、エアコンの吸気口や吹き出し口に付着した水分や誇りもこまめに取り除くのも効果的です。

このように、車内部の湿気を取り除くことをせず、消臭剤、芳香剤だけで臭いをごまかすやり方は本末転倒で、いろんな臭いが混じって、車内の不快指数が増す可能性も大なので、まずは、車内の湿気を取り除くことからはじめることをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ