車売る売却時の流れと注意事項

車を売る時の流れについて書いてみたいと思います。

多くの中古車買取会社がありますが、おおまかな流れについてはどこも同じですので、基本的な流れを押さえておくと取引がスムーズに行えるので良いと思います。

1.インターネットから査定依頼

車売る売却時の流れと注意事項まずは、くるま買取業者のWEBサイトから査定依頼をします。

フォームから自分の車の情報(お名前、連絡先の電話番号、メールアドレス、住所、メーカー名、車種名、年式、走行距離)を入力し、送信します。多くの場合フォームの入力自体は1分もかからないと思います。

手間がかからないので、電話での査定依頼ではなくインターネットからの査定依頼がほとんどのようです。

ここで重要なポイントは、複数の中古車買取業者に査定してもらうということです。

なぜなら、1社に見積もりをもらうよりも、複数のくるま買取会社に見積もりをもらって、最終的にその中で一番高い査定額を出してくれた業者に車を売った方が得だからです。

そして、車買取一括査定サイト経由で複数の買取業者に対し一度で査定依頼をかけることです。
中古車買取業者1社、1社に何度も同様の査定情報を送っていては貴重な時間が無駄になります。

2.買取業者から連絡が入る

査定依頼を確認後、それぞれの中古車買取業者からメールや電話で連絡が入ります。
一つの車買取一括査定サイトを利用しただけで、複数の買取業者から連絡が入るので便利ですよね。

実際に出張査定ということで、都合の良い査定日と場所を買取業者と調整することになります。
わざわざ、各買取業者の店舗をまわるよりも、1日まるまるスケジュールを空けておいて、自宅で時間を区切って複数の業者に査定してもらうのが一番楽だと思います。

3.買取業者に査定してもらう

調整した日に中古車買取業者の査定士に、車の売却金額を見積もってもらいます。

ここでのポイントは、足元を見られないこと。
「○○万円と査定してもらったんだけど、それ以上の金額で買い取ってもらうことは可能ですか?」
といった風に、こちらからの売却希望金額をベースに交渉を開始しましょう。

また、こちらの売却希望金額を超えた金額を提示されても安易に即決しないことです。
車買い取り業者も自社に売ってほしいので、即決を迫ってくるケースもありますが、他の業者の提示額を見ないことには、決められませんよね。

複数の中古車買取業者に査定してもらった上で、買取査定額がもっとも高かった業者に決めるようにしましょう。
その際、車の売却日を決めます。

4.車の引渡しと代金受け取り

決めた売却日に、買取業者に車を引き取りに来てもらいます。

車検証、印鑑証明、自賠責保険、印鑑が必要なので、準備しておいてください。

多くの場合、車の売却代金は指定口座への振込になります。

車の名義変更は基本的に業者の方で行ってくれます。

以上が、車売る時のおおまかな流れと注意事項になります。

車を売る場合、どのサービスを利用してもこのような流れとなりますが、重要なポイントは、車を売るときには、車買取一括査定サイトを利用するのが、高く車を買い取ってもらう秘訣ですし、手間もかからないので、是非活用してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ