ご当地ナンバープレートとは

ご当地ナンバープレートという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これについて説明するためには、まずナンバープレート交付の従来のしくみについてお話しする必要があるでしょう。

これまでナンバープレートは、各人が自動車を使用する本拠地を管轄している運輸支局(自動車検査登録事務所の)の所在地(もしくは名称)が表示されることになっていました。

その所在地、名称は下記のようになっていました。


  • 北海道エリア
    札幌ナンバー、旭川ナンバー、函館ナンバー、室蘭ナンバー、釧路ナンバー、帯広ナンバー、北見ナンバー
  • 東北エリア
    青森ナンバー、八戸ナンバー、岩手ナンバー、宮城ナンバー、秋田ナンバー、山形ナンバー、庄内ナンバー、福島ナンバー、いわきナンバー
  • 北陸・信越エリア
    新潟ナンバー、長岡ナンバー、富山ナンバー、石川ナンバー、長野ナンバー、松本ナンバー
  • 中部エリア
    飛騨ナンバー、浜松ナンバー、静岡ナンバー、沼津ナンバー、名古屋ナンバー、豊橋ナンバー、三河ナンバー、尾張小牧ナンバー、三重ナンバー
  • 関東エリア
    水戸ナンバー、土浦ナンバー、宇都宮ナンバー、とちぎナンバー、群馬ナンバー、大宮ナンバー、熊谷ナンバー、春日部ナンバー、所沢ナンバー、千葉ナンバー、習志野ナンバー、袖ヶ浦ナンバー、野田ナンバー、品川ナンバー、足立ナンバー、練馬ナンバー、多摩ナンバー、八王子ナンバー、横浜ナンバー、川崎ナンバー、相模ナンバー、湘南ナンバー、山梨ナンバー
  • 近畿エリア
    大阪ナンバー、京都ナンバー、滋賀ナンバー、なにわナンバー、和泉ナンバー、神戸ナンバー、姫路ナンバー、奈良ナンバー、和歌山ナンバー
  • 中国四国エリア
    鳥取ナンバー、島根ナンバー、岡山ナンバー、広島ナンバー、福山ナンバー、山口ナンバー、徳島ナンバー、香川ナンバー、愛媛ナンバー、高知ナンバー
  • 九州沖縄エリア
    福岡ナンバー、北九州ナンバー、久留米ナンバー、筑豊ナンバー、長崎ナンバー、佐世保ナンバー、佐賀ナンバー、熊本ナンバー、大分ナンバー、宮崎ナンバー、鹿児島ナンバー、沖縄ナンバー

一昔前は、上記のいずれかのナンバーが記載された車をお持ちだったと思います。

ですが、このご当地ナンバープレートの制度ができてからは、上記に「仙台」「会津」「つくば」「那須」「高崎」「川越」「成田」「柏」「富士山」「金沢」「諏訪」「伊豆」「岡崎」「豊田」「一宮」「鈴鹿」「堺」「倉敷」「下関」が新たに加わることになりました。

なぜ、このようにご当地ナンバープレートが増えたかというと、その背景には、各地域の観光振興などを目的としている意図があるようです。

こうしたご当地ナンバープレートが多くの人の目に留まることで、名前が広く知られますからね。

もちろんナンバープレートに新たに追加されたエリアの選考には基準があり、

「他の地域と区分された一定のまとまりのある地域であり、一般に広く認知された地域であること」

というのが、対象となり得る地域の基準となっているようです。

新車購入の際は、こうしたご当地ナンバープレートの対象エリアの方は楽しみに感じている人が多いのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ