オイル交換のタイミング

自動車にとって、オイルは動くために必要な潤滑油。
汚れたり、状態が悪くなってしまうタイミングでオイル交換する必要が出てきます。

エンジンオイルの交換のタイミングですが、自動車のメーカー、自動車のディーラー、カー用品店、いろいろな口コミを見ると

  • 5000キロごとのオイル交換が必要
  • 半年経過するごとにオイル交換が必要
  • 車検のタイミングでオイル交換すればよい
  • 1万キロ超えたタイミングでも問題ない

とまるでバラバラな答えであふれかえっており、大事なオイル交換のタイミングを知りたい自動車オーナーをかえって混乱させてしまう状況になっています。

ここで整理したいのですが、オイル交換のタイミングについて一番詳しいのは誰でしょうか?

それは、その自動車を作ったメーカーでしょう。

クラウンやプリウスであれば、トヨタ自動車ですし、エクストレイルやノートであれば、日産ですし、その他、ホンダ自動車、BMW、ベンツ、ポルシェなど、それぞれの所有する車によって自動車製造メーカーは変わってきます。

そのため、車によって、また使用環境によって、エンジンオイルの交換のタイミングも異なってきて当然でしょう。

「自動車製造メーカーがどこなのか」や、「愛車の使用頻度・使用環境」によって、最適なエンジン交換期間の目安は変わってくるということです。

なので、一番確実なのは、使用頻度や使用環境を考慮に入れたうえで、自動車メーカーが指定しているサイクルを守り、そのタイミングでオイル交換するのが一番確実だということができると思います。

タイミングだけでなく、自動車メーカーが指定しているグレードや粘度を守ることも大事です。

自分の判断で交換するのではなく、持っている愛車の自動車メーカーの指示に従うのが一番確実になってくると思います。

自分の車を製造している自動車メーカーが、オイル交換のタイミングは、15000キロごとに行ってくださいとしている場合、何等かの例外がない限り、15000キロごとにオイル行ったら良いと思います。

エンジンオイルの粘度に関しては、車の使用用途によっても選び方は異なってくると思います。

高速道路の利用が多く、よくスピードを出す人であれば、高温の時の粘度が大きいオイルを選び、逆に一般道を低速で走ることがほとんどであれば、低温の時の粘度が大きいオイルを選んでみるのも一つの基準としてありだと思います。

オイルエレメントの交換もお忘れなく

オイルをろ過するためのフィルターをオイルエレメントと言いますが、オイルエレメントも汚れてくると、オイルやエンジンに悪影響を与える危険性が出てくるため、定期的に交換する必要が出てきます。

このオイルエレメントの交換のタイミングですが、2回オイル交換するごとに1回フィルター交換するのが適切と言われています。

ただ、これに関しても、自動車メーカーごとに仕様を確認するのが一番確実になってきます。

以上、エンジンオイルやオイルエレメントの交換のタイミングについて書いてみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ