タイヤ選びのコツ

タイヤ選びのコツ「もったいないを捨てたくないですよね」ってCMが昔ありましたよね、、
使えるものは少しでも長く使っていたいと思うのが、多くの日本人の心情だと思います。

ですが、ことタイヤ交換に関していうと、もったいないという感情を一度捨ててください。
タイヤ交換をケチると、車体を傷めてしまうだけでなく、思わぬ事故の原因となってしまいます。
トラブルが起きる前に、早めに新品のタイヤに交換することを心がけましょう。

ちなみに、タイヤ代を節約して、車体へのダメージが蓄積されてしまうと、後々クルマを売るときの査定額に大きく影響してしまいます。
タイヤを早めに交換することは、将来的に車を高く売ることにもつながってきます。

タイヤ交換のタイミング

さて、そんなタイヤ交換のタイミングですが、溝がなくなってから交換したのではちょっと遅いです。

乗り心地が悪くなってきたなと感じたらタイヤを詳しくチェックをしてみてください。
タイヤの表面の凸凹が小さくなってきていたら、つまり溝が浅くなってきたらタイヤの取り換えを検討するタイミングに来ています。

タイヤが明らかにすり減ってきてのを目視確認できたから替えるのでは遅すぎる可能性があります。

ちなみに、タイヤがすり減って溝のない状態になってしまうと、衝撃を吸収する力が弱まり、タイヤとしての柔軟性も減るため、タイヤのグリップ力が弱まり、乗り心地が悪くなってしまいます。

また、それだけではなく、雨が降った時にすべりやすくなったり、グリップ力が弱まりすぎて、操縦不能になったりと危険な状態になってしまう可能性もあります。

そんなわけで、タイヤ交換はケチらず早めの交換が肝要になってきます。

結局どんなタイヤを選べばいいの?

それで結局タイヤ選びのコツってことですが、一番大事になってくるのが、「安物のタイヤを選ばないこと」になってきます。

簡単にいうと、それなりに値段の張る高額なタイヤを選ぶことが大事になってきます。

タイヤに詳しい人は、自分なりの基準でタイヤを選べばよいと思いますが、車に乗っているその他多くのの一般の人はタイヤの専門家ではありません。

タイヤの値段というのは、製品の材料や開発費と比例するといわれているので、高いタイヤほど、質の高いタイヤということができるのです。

そんなわけで、タイヤにはケチらずお金をかけることが大事だということをぜひ覚えておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ