車のエンジンが急にかからなくなった時どうすべきか

ある日突然車のエンジンがかからなくなったらどうすべきなのかについて書いてみます。

かなり前の話ですが、私の母の車が、それまで何の問題もなく運転出来ていたのに、急に車のエンジンがかからなくなって、途方に暮れたことがあります。

そして修理に出そうと思っていたら、その翌日に以前と同じように問題なくエンジンがかかるようになりました。

ただエンジンがかかるようになったからといって、またいつエンジンが動かなくなるかもわからないため、この時点で運転するのはやめさせました。

運転の途中に動かなくなってしまったら、命にかかわる自体になる可能性もあるからです。

もちろん、メーカーに連絡して修理を依頼することも考えましたが、私はこのタイミングで車を買い替ることにしました。

修理するには数十万の修理費がかかりますし、一度故障した車を修理したからと言って以前のように万全に戻る保証はありません。

どうしても「また動かなくなったらどうしよう」怖さは残ります。

そうであれば、この時点で車は処分してしまい、新しい中古車を買うのが安心かなと考えました。

ちなみに、高く売れそうにない車であっても、「クルマ一括査定サービス」を利用することがおすすめです。

タダ同然で下取りしてもらうよりも、高く買い取ってもらえる場合があるからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ