イモビカッターが盗難車を狙う恐ろしい手口

ここのところ、イモビカッターを使った自動車盗難事件が相次いでいます。

簡単に行ってしまうと、イモビカッターは、自動車盗難を防止するツールであるイモビライザーを使用できない状態にしてしまう犯罪助長ツールです。

イモビカッターを使うことで、イモビライザーに登録されていた情報が書き換わり、自動車のエンジンがかかってしまうことになります。

自動車のエンジンがかかるので、そのまま車を盗むことができるというわけです。

このようなイモビライザーとイモビカッターの事例のように、犯罪防止ツールと、その機能を無効にしてしまうツールの関係はまさにいたちごっこで、次から次へと悪質なツールが世の中に出回っている状態です。

イモビカッターなど犯罪を助長するツールにはかかわらないことが肝心です。
お金儲けのためにイモビカッターを売っていた、世田谷区代沢の自称インターネット販売業の男が、自動車窃盗グループにイモビカッターを譲ったことで、窃盗幇助の容疑で逮捕された事例もあります。

特にネットオークションを利用した転売など、自分の行っていることがどのぐらい犯罪を助長している行為なのか、意識が希薄になりがちです。

イモビカッターだけではありませんが、自分の身を守るためにも、自動車盗難を助長するツールに安易にかかわることはやめておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ