セダンの運転難しいって人はかなり多い

自動車運転免許を持っていても、乗り慣れない車に乗り換える際は注意が必要です。

よく耳にするのが、セダンの運転難しいって人の声。

セダンは、最もポピュラーでオーソドックなタイプのクルマだと思われていると思いますが、本当にセダンの運転って難しいのでしょうか?

これにはわけがあって、小さい車からそれよりも大きな車に乗り換える時、多くの人が運転が難しいと感じるのです。

つまり、軽自動車や小型ワゴン車からセダンへの買い替えを考えている人は、最初は運転に戸惑る可能性があることを知っておく必要があります。

車体の大きさだけでなく視野角の問題も

運転の難易度は、何も車体の大きさだけの問題ではありません。

セダンよりも大型のワゴン車であっても、セダンよりも乗りやすいと感じる人は多いでしょう。

それは、目線の高さや、視界の広さ、また車の四隅の感じなどが、乗りやすさワゴン車の方がセダンよりも乗りやすいと感じる人が多いからです。

そういう人はがセダンに感じる印象としては、ボンネットやトランクの見切りの悪さが目につき、死角が多かったり、視界が狭かったりと、何とも乗りにくく、運転するのが難しいなと感じるというわけです。

確かに、ワゴン車は、トラックと同じキャブオーバー、運転席の下にエンジンがあるので見晴らしが良く、ミラーが大きく見やすく、車庫入れが楽な後輪駆動なのに対し、セダンは、運転席の前にエンジンがあり、ほとんど前輪駆動で車庫入れが面倒、車高が低く安定走行ができるが死角が多く見にくい、ドアミラーなので首を左右に振らないと見えないという不便を感じますからね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ