危険な運転をする車やドライバーの特徴

自分の身を守るためにも、危険な運転をする傾向のある車やドライバーにはかからわらない方が良いです。

なぜなら、危険な運転をする車は事故を起こしやすいからです。

運転手が危険な運転をする傾向のある車に同乗してしまった場合、事故に巻き込まれる可能性は高まりますし、そうした車の近くにいることで、事故に巻き込まれる可能性も高まります。

そこで、危険運転しがちな自動車や運転手をあらかじめ知るためにも、その特徴についてまとめてみました。

車の運転で人格が変わる人に要注意!

まず、危険な運転をしがちな自動車の特徴ですが、これは車種や車の特徴から判断することはできません。

改造車だからといって、しっかり交通ルールを守っているクルマも多いですし、スポーツタイプの車であっても、法定速度を守っているクルマがほとんどです。

そこで、車の危険運転に巻き込まれないためにも、運転者の人格に注目するのが最も確実だと実感しています。

例えば、


  • 短気な人
  • 日頃は穏やかだが、運転するときは人格が変わりがちな人
  • てんかんなど持病を持っている運転手
  • 高齢すぎるドライバー

次のような運転者が身近にいたら要注意です。

人格的にどうこうということではありません。

自動車を運転するのには適性があります。

一般的な適性があればあまり問題はありませんが、クルマの事故に巻き込まれないためには、運転に適性がない人が運転しているクルマには近づかない方が良いでしょう。

お年寄りの場合、正常な判断ができないケースも少なくないため、事故をおこす可能性は他の人と比べ高くなりがちです。

身近に、頻繁に事故をおこしている年配で高齢の運転者がいる場合、運転するのを辞めた方が良いのではないかと、進言してあげるのも、親切心だと思っています。

そうしたことが、その方や周りの方が事故なく健康に暮らすことにもつながるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ