多い車種、少ない車種は地域によって異なる

旅行や帰省、出張などでいろんな地域へ行くと、地域により人気車種に違いがあることに気付いたので、各地域の特徴をまとめてみました。


  • 北海道エリア
    軽自動車が少なく、ワゴン車が大人気です。
  • 東北地方
    軽自動車の所有率が大変高いです。
    また、4WDの人気が高いのも雪国ならではの特徴と言えるでしょう。
  • 関東地方
    ほかの地域と比べて特段の差はないものの、ミニバンが多く、軽自動車の所有率が少ない点も特徴と言えるでしょう。

    また興味深いのが、北関東では軽自動車やハッチバックがそれなりに多かったのに対し、首都圏では軽自動車が極端に少なく、ワゴン車やミニバン・SUV車が他地域よりも目立っている点です。

  • 北陸・中部地方
    トヨタのお膝元でもあるこの地域、やはりトヨタ車の人気が高いようです。

    ライバル社の人気車種が不人気気味なのもおもしろい特徴です。

    雪の深い地域では、SUV車が目立っていました。

  • 近畿地方
    ミニバンの所有率が高く、軽自動車の所有率が低いのが特徴と言えるでしょう。
  • 中国・四国地方
    マツダの本拠地ですね。マツダ車はもちろん、ダイハツ車の所有率が高めなようです。
  • 九州・沖縄地方
    軽自動車所有率が大変高いです。

    南へ行くほど軽自動車をよく見かける気がします。


以上、北は北海道、南は沖縄まで、エリアごとに異なってくる車種の特徴についてまとめてみました。

こうして比較してみると、地域ごとに自動車に求めるニーズが異なることが分かりますね。

軽自動車の所有率が高い地域に注目すると、公共交通機関があまり発達していない地域が多いことが分かります。

また、地域の最低賃金が低い地域ほど軽自動車の所有率が高いということも言えます。

車体価格や維持費の安い軽自動車は、移動に欠かせない交通手段として使用されているのですね。

一方で、首都圏と近畿地方においては、車体価格の高い車を多く見掛けます。

ニーズ的にも、日常的な移動手段というよりレジャーの為の所有も多そうです。

地域によって生活環境が異なるのですから、需要のある車種が異なるのも、見方を変えると当然のことなのかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ