大雨で車が動かなくなったときの対処法

記録的な大雨が降ると、車が動かなくなることが往々にしてあります。

台風やゲリラ豪雨などにより、雨量が突然増加すると、河川の氾濫や土砂災害、道路の冠水などが起こり、車が水没してしまう危険性があるからです。

車が水に浸かると、水に弱い電気系統がダメージを受けるため、動かなくなったり、動きにくくなるなどの故障状態になる可能性が高まります。

このような状態の車のことを水没車だとか、冠水車と呼んだりしますが、正直、その修理には莫大なお金がかかってしまいます。

冠水車の修理に大金を使うよりも、高く売って次の車を買い替える選択肢も持ちましょう

水に浸かってしまい、車の調子がおかしくなってしまったら、修理に出すしかありません。

走行に支障がない場合でも、調子が悪いまま無理して走らせることで、事故を引き起こしてしまう危険性も考えられます。

車で事故を起こすと、一瞬で他人の人生も、自分の人生も狂わせることになるので、車の運転については安全に安全を重ねなくてはいけません。

そして、冠水車には多額の修理費用が発生してしまいます。

そして、整備が終わり愛車が戻ってきたとしても、水没車ならではのクサイ臭いや、シミなどが完全に消える保証はありません。

そのようなこともあり、大雨や水没で車の調子が悪くなったら、冠水車を高く買ってくれる車買取業者に、車をできるだけ高く買ってもらい、そのお金で安心な車を買い替えることがおすすめになってくるわけです。

※参考記事:水没車、冠水車を少しでも高く売るとっておきの方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ