新古車って何?新車よりもお得なの?

自動車販売店に行くと、たまに目にする「新古車」という文字。

これって、新車なんでしょうか?
それとも、中古車何でしょうか?

結論から言うと、新古車ってのは、未使用の「中古車」ということになります。

正確には、新古車という名称は、公取協(自動車公正取引協議会のこと)から使用することが禁止されているため、「未使用者」という表現を使わなければならないそうなのですが、、

そんなことは、私たちにはあまり関係ないので、新古車ってどういう車で、新車よりもお買い得なのかどうか書いてみることにします。

新古車は価格面でのメリットはあるが、細かいことが気になる人は要注意!

新古車は、状態は新車とほとんど同じだけど、定義上中古車扱いされているクルマのことです。

世の中には、新車と中古車という2つの分類しかないため仕方がありません。

新車と中古車の違いは何かというと、その車が「登録」されている「未登録」なのかどうか。

新古車(未使用車)はすでに「登録」されているクルマのことを指すため、新古車が定義上中古車扱いされているというわけです。

まだ新しいのに「キズモノ」のような扱いをされて、若干新古車がかわいそうだと感じる人も多いのではないでしょうか?

ただし、こんな微妙なポジションにある新古車ならではの、価格的なメリットが注目され人気を集めているのです。

具体的にその一例をあげると

  • 車検がほぼ残った状態で新車以下の価格で購入できる
  • オプションなど諸費用込みの状態で新車以下の価格で購入できる
  • 法人で購入する場合、必要経費として計上できる償却費の分節税効果がある

一般的にはこのような価格面でお得感を感じるメリットあるといわれています。

詳しくは、新古車購入時にディーラーに確認してみてください。

ただし、あくまでも新古車は中古車に分類されるクルマです。

デメリットもあり、

  • 車検がほぼ残った状態で新車以下の価格で購入できる
  • オプションなど諸費用込みの状態で新車以下の価格で購入できる
  • 新車のみに認められている「低金利特別キャンペーン」などがある場合適応されない場合がある
サブコンテンツ

このページの先頭へ