短気な人は車の運転やめないと必ずトラブルに巻き込まれる

短気な人は車の運転に向かないし必ずトラブルに巻き込まれる「短気な人は、いつか必ずトラブルに巻き込まれるので、車を運転するのは辞めた方が良いです」

というのが今回のテーマです。

「まだ運転免許も車も持っていない人」であれば、わざわざお金と手間暇かけて運転免許取りに行かなくていいですし、「既に車を持っている人」であれば、運転免許を返納の上、車は手放すことをおすすめします。

全てを失ってから後悔しても、時すでに遅しです。

自分の性格を冷静に分析できている人の方が少数派だとは思いますが、些細なことでもすぐにカッときてしまう傾向のある人は車の運転には絶対にむきません。

とにかく、気が短かったり、他人に対して寛容でない人は、その性格が治らない限り、遅かれ早かれ、必ずといっていいほど運転中にトラブルに巻き込まれます。

短気な人が引き起こすトラブル事例とその結果

自分が車の運転に適性があるかどうかは、

「相手の車にクラクションを鳴らされた時、逆上しなかったか」

「高速道路で、追い抜かされた車を追い越し返すまで気が済まないか」

「強引に前から割り込まれたときに、ブチ切れないか」

を冷静に考えることで自己分析できます。

ちなみに、「クラクションを鳴らされたり」「後ろから車間を詰められて煽られたり」「高速でバンバン追い抜かれるようなこと」は日常茶飯事なので、こんなことぐらいで相手に突っかかっていたのでは、命がいくつあっても足りないことになります。

該当する人は、短気を治すか、運転を辞めるか、いずれかの判断を早めに下す必要がでてくるでしょう。

ちなみに、車でトラブルを起こした場合、最悪の場合、命を失ったり、意識不明の重体になる可能性も少なからずあります。

その結果、その「加害者」となった側の人は、その後の人生すべてを失うことになります。

刑務所生活、家族離散、ネットニュースで本名と顔写真が流れ、会社はクビになり、子供の結婚すらも危うくなるでしょう。

車の運転は、最悪の事態になった場合、すべてを失うリスクがあることを肝に銘じ、細心の注意を払うべきもので絶対にあることを忘れてはいけないということです。

車のトラブルで全てを失ってからでは遅い

性格が穏やかな人であれば、トラブルに巻き込まれそうになったとき、それを事前に察知し、自分の非を認め相手に謝ったりすることでトラブルを回避するでしょう。

また瞬間的に頭に血が上ったとしても、自らを客観的に見つめすぐに冷静になることができます。

でも、短気な人は、いざトラブルに発展してしまった場合に、自分の感情を抑制できず、おさまりがつかなくていくところまでいってしまう人が多いです。

つまり、トラブルの相手側を「屈服させるか」、もしくは自分が「屈服させられるか」、どちらかが戦意喪失するまで、気持ちのおさまりがつかないため、特に車にかかわるトラブルの場合、大きな事件に発展する可能性が少なくないのです。

車のトラブルが原因で死亡事故までエスカレートするケースは決して少なくありません。

がこの手のトラブルに真っ先に巻き込まれるのが「短気な人」であるため、車のトラブルの「加害者」あるいは「被害者」のいずれかになって人生を棒にふらないためにも、カッとなりやすい人は車の運転を辞めたほうがいいです。

「短気は損気」ということわざがありますが、あれは本当にその通りだと思います。

短気は「性格」ではなく「脳」の問題

ただし、程度にもよりますが、短気を治すというのは、そんなに簡単なことではないそうです。

気が短い人に共通する要因として

  • 自分に余裕がない
  • 食生活や生活習慣に問題がある
  • わがままで自分に自信がない
  • 視野が狭い

といったことを挙げる人も多いですが、最近の研究によると、ちょっとしたことで突然激昂したり、怒りを抑えられなくなってしまう気の短い人は、性格の問題等よりは、脳の問題(病気の場合も含め)の可能性が高いということがわかってきているため、死ぬほど努力することで「心が広いおおらかな人」になれるというわけでもないということです。

日常生活のささいなことで、我を忘れるほど激高してしまった経験がある人は、自分の人生を台無しにしないためにも、車の運転をあきらめるという選択肢も検討すべきだと思います。

とくに都心部では「電車(地下鉄)」や「バス」などの公共の交通機関も発達してますし、近距離であればタクシーを利用しても安上がりなので、車が必需品というわけではありませんし、実際車を持っていない人、処分した人も、かなりの割合を占めているようです。

※参考記事:車を高く売るために絶対に必要なこと【重要】

車はただの道具です。
その道具が原因で大切な人生を棒に振るようなことがないように、十分に気を付けたいものですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ