自動車の住所変更手続きに必要な書類は?

引っ越しなどで住所が変わると、自動車の住所変更手続きが必要になってきます。

・・・厳密に言うと、住所変更手続きをしなくても、自動車に乗り続けることは可能なのですが、自動車を売る時などに後々面倒なことになってくるため、行っておいた方が良いです。

住所変更から15日以内となっているので、面倒でも早めに変更手続きを行うようにした方がいいですね。

ちなみに、自動車の住所変更手続きは、「自動車ディーラー」「中古車販売店」「行政書士事務所」に依頼すると住所変更手続きの代行をしてくれますが、相場としては1万5千円前後の手数料が必要になってくるようです。

個人でも自動車の住所変更手続きは可能ですので、お金をできるだけかけずに節約したいという方はご自身で行うと良いと思います。

住所変更手続きを行った結果、管轄の陸運局が変更になると、ナンバープレートが変更になります。

例えば川崎ナンバーの車が、東京の品川陸運局の管轄区域内に引っ越した場合、品川ナンバーに変更になるというわけです。

自動車の住所変更手続きはどこでやるの?

自動車の住所変更手続きは、普通自動車の場合と軽自動車の場合とで異なってきます

ちなみに、普通車の住所変更手続きは管轄の陸運局で行い、軽自動車の住所変更手続きは、管轄の軽自動車検査協会で行うことになります。

このように、お持ちの車の種類によって、住所変更手続きする場所が異なってきますので、注意が必要です。

住所変更手続きに必要な書類の一覧

実際に自分で住所変更手続きする場合、下記の書類の提出が必要になってきます。


  • 車検証
  • 所有者の認印が押印済みの委任状
  • 発行日から3ヵ月以内の住民票
  • 発行日から1ヵ月以内の車庫証明書
  • 申請書
  • 自動車税、自動車取得税申告書
  • 手数料納付書

注意点としては、住民票については、車検証に記載されている住所から変更後の住所に至るまでのすべてのつながりが確認できる書類が必要となります。

また、当該自動車の所有者と使用者の名義が異なる場合、住所変更に必要な書類が一部異なってきます。

車検証に記載されている氏名も同時に変更する場合については、別途必要書類が必要になってくる場合があるので、住所変更の際には、必ず事前に管轄の陸運局に確認するようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ