車が高く売れない典型的な8つのケース

車が高く売れない典型的な8つのケース車を売った経験がある方であれば、「今回は思っていたよりも、車が高く売れなかったな」って経験がおありだと思います。

車が高く売れないことには理由があることが多いので、車が高く売れない典型的なケースを事前に知っておくことで、いざ車を売る時に安く買いたたかれることを未然に防ぐことも可能です。

そこで、ここでは「車が高く売れないケース」として典型的な8つの悪い事例をご紹介しますので、車を高く売りたい方は是非参考にしてもらえたらと思います。

1.ディーラー下取りだと損をする

まず、基本的なことから。

車を高く売りたいのであれば、ディーラーに下取りしてもらうのは辞めましょう。

車を高く売るための「2大原則」として、

  1. 高くでも車を買取りたい理由がある業者に売る
  2. 査定は出来るだけ多くの車買取業者からもらう

があります。

車買い替えの際、ディーラーにそのまま下取りしてもらうのは確かに楽なのですが、ディーラーにはあなたの愛車をどの業者よりも高く買い取りたいという理由もなければ、他社との買取額の見積り比較もできないため、査定額を高く吊り上げることもできません。

つまり、ディーラー下取りだと、車を高く売りたい方にとってみては、損をするということになります。

2.中古車販売店に売っても同様に損をする

同様に、顔見知りなどといった理由で近所の中古車販売店に車を売ってしまうのも、車を安く売ってしまう典型的な事例になります。

「多数の車買取店から査定をもらうこと!!」

これしないことには、どこよりも高く車を買い取ってもらうことなど出来るはずがありません。

中古車の買取額の相場や目安なんて、あってないようなものです。

もちろん「車種」「走行距離」「年式」「ボディーカラー」「傷」など、査定額のチェックポイントなどはありますが、最終的には、ライバル買取店が出した査定額の比較で買い取り価格が決まっていきます。

そこで、車を売却する際には、必ず下記のような「車一括査定サービス」を利用されることを強くおすすめします。

簡単に複数の優良な車買取店から査定をもらうことができますので、各社の見積り額を比較の上、一番高い買取額を提示してくれた車買取店に愛車を売却することができます。

車を高く売るためのおすすめ「車一括査定サービス」【厳選】

  • ズバット車買取比較

    ズバット車買取比較

    車を高く売るためにもっともおすすめな車一括査定サービスが、この「ズバット車買取比較」。
    150社を超える参加買取業者の中から最大10社に無料で一括査定ができます。
    業界大手で高額査定を出すガリバーが参加しているため、価格競争の結果高額査定が出やすいといわれています。いずれも厳しい審査を通過した優良な買取業者なので、強引な勧誘等もなく安心して利用できます。WEBフォームからの査定依頼も入力時間も約1分なので、手間が全くかかりません。一番おすすめの一括査定サービスです。

  • かんたん車査定ガイド

    かんたん車査定ガイド

    かんたん車査定ガイドも、車を高く売るためにおすすめな車一括査定サービスになります。
    かんたん車査定ガイドの特徴はとにかく審査が簡単で早いということです。審査するのに要する時間はおそよ30秒。フォーム入力後すぐに概算の最高価格を知ることができます。東証一部上場企業のエイチームが運営している買取査定サイトです。

  • カーセンサーnet

    カーセンサーnet

    カーセンサーは、全国約500社以上の買取店が登録されているリクルートが運営する一括査定サービスで、車を高く売りたい方が活用すべきサービスの1つです。
    カーセンサーの特徴は最大30社から見積もりをもらえるというところですが、逆にその数を抑えることも可能です。買取査定サイトの中では唯一査定結果の通知をメールで貰えることができます。他の査定サイトは電話での通知のみとなりますので、電話での応対を好まない方はカーセンサーを利用するといいと思います。

3.中古車市場での需要も買取り価格に大きく左右する

もちろん、修復歴があったり、走行距離が多すぎたり、年式が古かったりすると、修復歴がなく、走行距離が少なく、年式の新しいクルマよりも高く売れるはずはありません。

ただ、これについてはそれだけたくさん乗ってきたということで、ある程度自分自身も納得もできることではあると思います。

問題は、「ボディーカラーの違い」や「中古車市場で人気のある車種かどうか」で、思っていたよりもかなり安く買取り価格で買いたたかれてしまうことが少なくないという点です。

車種によっても異なりますが、ボディーカラーは一般的に、無難な「白色」や「黒色」が高く売れる傾向があり、車体がマイナーな色の場合は、高く売れない傾向があります。

理由は簡単で、「白色」や「黒色」は無難なので、買い手が多いため、高い値段で買取可能だということです。

マイナー色の場合は、その逆で買い手もマイノリティとなってしまうため、高い値段では買い取ってもらえないことが多いというわけです。

「中古車市場で人気のある車種かどうか」についても同じで、需要と供給のバランスで買取価格が決まっているということになります。

そのため、いざというときに車が高く売れないという悲劇を避けるためには、車購入時から、良く売れてる中古車、ボディカラーはチェックしておくことが大事になってきます。

大事なことは、同じ条件の元で出来るだけ高く車を売ること

車が高く売れないことには

  1. 車買い替えの際ディーラーに下取りに出している
  2. 近くの中古車販売店に車買取依頼している
  3. あまり売れてない車種である
  4. ボディーカラーが人気がない
  5. 走行距離が多すぎ
  6. オプションが純正品でない(社外品)
  7. 修復歴がある
  8. 車内のニオイや汚れが目立つ

このような様々な原因が考えられます。

ここで大事なことは、人気車種でないことや、走行距離が多すぎることなど、今の車の状態は自分で変えることができないということです。

つまり、車を安く売ってしまわないように、今できることとしては、ディーラーに下取りに出したり、簡単に顔なじみの中古車販売店に愛車を売ってしまうのではなく、ここでおすすめしているような車一括査定サービスをつかって、多くの買取店から見積りをもらって、その中で最高額を提示してくれた買取店に車を売ることがもっとも大事なことになってくるということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ