車に愛着がわかない理由と対処法

車に愛着がわかない理由と対処法はこれ!車を見ると、ある程度その所有者の人間性がわかるといいます。

購入後数年経っているのに、いまだにピカピカに磨き上げられた車もあれば、傷だらけだったり泥だらけのまま、ほったらかしになっている車もあります。

ビジネスマンが、靴や腕時計を見て品定めをされるのと同じように、車も車種が何かというよりも、どのぐらい丁寧に乗っているかどうかでその人の人間性が判断されることがあるそうなので、気を付けたいものですね。

車に愛着がわかない理由ですが、

  • そもそも車が必要でないのに持っている
  • 好きでもない車を妥協で買ってしまった
  • 性格的に買ったものを大事にしない性格である

大きく分けると、このような理由に分類されるのではないかと思います。

この中で「そもそも車が必要でないのに持っている」という理由で車を所有しているのであれば、車に愛着がわかないのは当たり前です。

車は持っているだけで、かなりの維持費がかかるので、そういう人は今すぐ車を売りましょう。

一度徹底的に車の掃除をすると愛着が出てきます!

それ以外の「好きでもない車を妥協で買ってしまった」と「もともと性格的に買ったものを大事にしない性格である」いう人は、そのままでは車がかわいそうですし、何よりも、そういう状態の車を知人に見られることで、あなた自身の価値を落としてしまいかねません。

おすすめの方法としては、一度徹底的に、車の外装、内装を掃除することをおすすめします。

ボディー部分はもちろんのこと、社内も徹底的に掃除するのです。

小さな傷を放置すると、サビが出てくるので、タッチペイントで良いので傷を埋めます。

埃だらけのホイールもピカピカにし、メッキモールの類もコンパウンドなどで綺麗に磨き上げます。

こうしたボディー以上に、室内の掃除を徹底的にすることも大事です。

まず車内は掃除機をかけ、シートやフロアカーペットは水洗いすると良いでしょう。

  • ハンドブレーキレバー
  • ダッシュボード
  • ワイパー
  • ステアリング

も徹底的にきれいにしましょう。

このように、一度自分の車をピカピカに掃除をすると、もともと好きでもなかった車に自然と愛着が生まれてきますので、車に愛着がわかない場合はまずは愛車を掃除することがおすすめです。

愛車に愛着を持つことで、毎回気持ちよく車に乗ることができますし、「あいつ車もきたねーし性格ルーズそうだな。」といった他人からの評価も自然と良い方に変わることになるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ