車必要ない?クルマが本当は不要な理由

ほとんどの人にとって、実はクルマは必要不可欠なモノではありません。

都市部はもちろんのこと、地方に住んでいていても、今やほとんどのエリアをバスや電車などの公共の交通機関がカバーしています。
このような中、クルマを所有する本当の理由を考えてみると

  • 車があれば何かと便利だから
  • 異性に対してかっこがつくから

突き詰めていくと、このような「車があった方が便利」という理由で車を所有している人がほとんどだと思います。

つまり、クルマを買う動機としては、「クルマが必要だから」というよりは「クルマが欲しいから」という理由で購入する人が多いということです。

もちろん、欲しいモノを購入し、使い続けることには何の問題もなく、異論があるわけではありません。

ただし、車は維持費がとてもかかる「金食い虫」だということは、頭の片隅に入れておいたほうが良いです。

家計が苦しいなと感じたとき真っ先に車を売るべき理由

今現在、日本人のなかで、「生活にゆとりがあるな」と実感している人はほとんどいないでしょう。

アベノミクスの結果、経済面で変わったことと言えば、株価が上がったことぐらいでしょう。
私たち大多数の一般庶民にとって、家計が楽になったという実感はこれっぽっちもないと思います。

先行きの見えない日本経済の中、将来のこと、老後のことを考えると、お金を貯めて資産を形成せずにはいられません。

資産形成 = 収入 - 支出 + 資産運用益

という当たり前の公式を眺めてもわかるように、私たちは将来のために、「収入を上げる」「支出を減らす」ことを継続的に行っていく必要があります。

「なぜ車が欲しいのか?」、「本当に車がなくては生活できないのか?」を掘り下げてみてください。

クルマがなくても、公共の交通機関がありますし、急ぎの場合はタクシーやレンタカーを利用することだってできます。

もし「クルマがなくてもそれほど困らないな」と感じるのであれば、支出を減らす意味でもクルマを売ることを前向きに検討してみることをおすすめします。

そしてクルマを売るのであれば、できるだけ高く車を売るためにも、下記ページで紹介している「一括査定サービス」をぜひ活用してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ