シャコタンって何?死語?売れないって本当?

最近めっきり聞かなくなった車関連の言葉に、シャコタンがあります。

たぶんシャコタンとか言われても今の若い人だと知らないですよね、、

シャコタンというのは、車高を低く改造した車のことです。

いまだとローダウン車と呼ぶことの方が多いかもしれないので「シャコタン」って死語になってるのかもしれませんね。

漢字で書くと良く分かるのですが、『車高短』っていうのがシャコタンの名前の由来になっています。

シャコタンって言葉がよく使われたのはだいたい1980年ごろぐらいでしょうか。

暴走族や走りが好きな当時の若者の間で、車の車高を低くするのが流行っていて、そんな車をシャコタンと呼んでました。

シャコタンで代表的な車種だと

  • チェイサー
  • マークⅡ・マークX
  • クレスタ
  • クラウン

などが思いつきますね。

当時はフロントまでフルスモーク(違法です、、)で高音で音楽を鳴らしているシャコタン車をよく見かけました。

最近だとあまり見かけないですね。

シャコタン車を高く売るためには一括査定が最もお勧め

シャコタンのデメリットの一つに高額では売れにくいということがあります。

車高を低くするために、タイヤを小さくしたり、スプリングなどの部品を取り外したりして改造するため、シャコタン車はあまり高く売れません。

これは改造車を欲しいと思う人の数が、ノーマルな車を欲しいと思う人の数よりも少ないため、需要と供給の関係から高い値段で買い取ってもらえないことが背景にあります。

そのため、車の買い替えの際に下取りしてもらっても、買取価格がつかず買取ってもらえないケースも少なくありません。

そんな時に、もっともお勧めなのが、下記におすすめしている車買取一括査定サービスです。

多くの車買取店から見積もりをもらうことができるので、シャコタン車をもっとも買取りたいという車買取店があれば、想定よりもシャコタン車を高く売れる可能性が出てきます。

シャコタン車が売れずに、廃車にしようかなと悩んでいる人は、その前に上記の一括査定サービスをぜひ活用してみてください。

値段が付くかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ