交通事故をおこした時の手順と流れ

車に乗るということは、常に事故と隣り合わせですよね。

自分がぶつけてしまう可能性もありますし、自分は悪くなくても相手にぶつけられてしまうこともあります。

ここでは、自分が事故を起こしてしまった場合の流れを押さえておきたいと思います。

  1. 負傷者を救護する
  2. 110番通報
  3. 警察官立ち合いの元、相手と連絡先・必要な情報の交換
  4. 警察官による事故状況の聴取、書面へのサイン
  5. 加入している保険会社へ連絡
  6. 医師の診断を受ける

1.人身事故の場合、真っ先に確実に行いましょう。負傷者の救護は運転手及び同乗者の義務であり、救護せずにその場を離れた場合、ひき逃げとなり処罰の対象となります。

まず負傷の有無を確認し、救急車を要請し、二次災害を防ぐため安全な場所へゆっくりと負傷者を移動させます。

救急車待つ間、119番通報した電話でそのまま指示を仰ぎながら応急処置を行います。

2.交通事故を起こしたら、人身事故・物損事故共に必ず警察へ報告しなければなりません。

3.立ち合いの警察官がリードしてくれます。保険の関係でも必要ですので、必ず交換してください。

4.聴取の際、必ず自分の主張を!内容に納得がいかないときにはサインすべきではありません。

何故なら、書類(供述調書と実況見分調書)は証拠となり、これを元に過失割合が決定されるからです。

5.自分が加入している任意保険の会社へ連絡してください。

保険会社のリードで必要な情報を伝え、その後は全面的に保険会社にお任せしましょう。

6.大した怪我でなくても、後々後遺症が出てくる可能性もあります。

必ず事故直後に診察を受け、領収証を保管しておいてください。

以上の点を押さえておけば大丈夫です。

万一の事故の際には、できるだけ落ち着いて、冷静に行動してくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ