運転免許は何点の違反点数で停止になるの?

交通違反や交通事故を引き起こした場合、私たちは一定の違反点数を科されることになります。

いわゆる点数制度といって、違反点数が累積されると、運転免許の取り消しや停止といった行政処分を受けることになります。

今回は運転免許の停止、いわゆる免停についてまとめてみます。

運転免許は何点の違反点数で停止になるのでしょうか?

結論から言うと、過去に免許停止を受けたことがない人であれば、6点以上で免停となり、30日間免許の効力を停止されます。
一方、免停を受けたことがある人であれば、その回数に応じ、免停になる違反点数や免停の期間が異なってきます。

免停中なので車の運転は一定期間禁止されることになるのですが、もしその間運転した場合は、無免許運転となり、免許取消しの上、最低一年間免許を取得できなくなるので、無免許運転は絶対にしないようにしましょう。

前歴によって異なってくる免停までの違反点数

免許停止処分を受けると、前歴が1つ加算されます。

前歴の累積期間は3年なのですが、これまでに免停の前歴が何回あるかで、免停までの違反点数や免停期間が異なってきます。

  • 免停の前歴なし
    違反6~8点で免停30日、違反9~11点で免停60日、違反12~14点で免停90日、違反15点以上で免許取消
  • 免停の前歴1回
    違反4~5点で免停60日、違反6~7点で免停90日、違反8~9点で免停120日、違反10点以上で免許取消
  • 免停の前歴2回
    違反2点で免停90日、違反3点で免停120日、違反4点で免停150日、違反5点以上で免許取消
  • 免停の前歴3回
    違反2点で免停120日、違反3点で免停150日、違反4点以上で免許取消
  • 免停の前歴4回
    違反2点で免停150日、違反3点で免停180日

このように、過去の前歴が多ければ多いほど、免許停止になる条件や免停期間も不利になります。

ただし、免停後1年間無事故無違反でいれば、前歴はリセットされ「前歴なし」に戻ります。

そんなわけで、免停に一度でもなってしまったら、一年間はいつも以上に安全運転を心掛け、無事故無違反をめざしましょう。

免停期間は短縮することが可能

免停期間は、短縮することができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ