飲酒運転の罰則

飲酒運転が原因の事故が後を絶ちません。

お酒を飲んで車を運転する感覚や神経が、私には全く理解が出来ないのですが、事故により報道されるのはごく一部で、世の中には飲酒運転することに罪の意識を感じない人が少なからずいるようです。

お酒を飲むと、アルコールを摂取することにより当然ながら判断は鈍ります。
飲酒運転は、しらふ時の運転と比べ、明らかに事故をおこすリスクが高まるため、法律により禁止されているのです。

連日のように飲酒運転による痛ましい事故が報道されているのに、一向に飲酒運転がなくならないことは、情けなくて言葉もありません。

職業をどうこう言いたくもありませんが、飲酒運転を取り締まる側の警察官が飲酒運転して事故をおこすというニュースを聞くのも珍しくなくなりました。

先日は、飲酒運転をして事故を起こした警察官が、発覚を恐れて知人を身代わりに出頭させたそうです。
もちろん警察官のほとんどは、法の番人として、規律をしっかりと守る人だと思いますが、こういう事故を聞くたびに、どっと疲れる自分がいます。

飲酒運転が減らないのは、何か特別な原因があるのでしょうか。
まずは飲酒運転の罰則について見てみることにします。

運転者の罰則は以外に軽い、、

まず飲酒運転した運転者に対する罰則ですが、飲酒運転が発覚した場合、

  • 酒酔い運転の場合、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 酒気帯び運転の場合、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

が「道路交通法」の「酒気帯び運転等の禁止」(第六十五条)の項目に定められ記載されています。

酒酔い運転と酒気帯び運転の違いですが、酒酔い運転かどうかは、客観的にみて酔っ払って運転できない状態にあるのかどうかで判断され、酒気帯び運転かどうかは、血中のアルコール濃度の値で判断されるという違いがあります。

たとえば酒酔い運転は、「まっすぐ歩けるか、千鳥足でふらついてないかどうか」や「判断能力は適正か」「ロレツはちゃんと回っているか」などを見て、客観的に酔っ払いかどうかを判断するので、血中のアルコール濃度がそれほど高くなくても、酒酔い運転と判断されることもあります。

ちなみに、飲酒運転すると違反点数として

  • 酒酔い運転の場合、35点の違反点数
  • 酒気帯び運転の場合、0.15mg~0.25mgで13点、0.25mg以上で25点の違反点数

となります。

つまり、一発で免許停止になるってことです。

この罰則を見てみなさんはどのように感じますか?
懲役刑罰金刑もある上に一発免停とか厳しいなーと思いますか?

私は、とてもぬるい罰則だなと感じます。

飲酒運転は絶対に許せない行為なので、酒気帯びの量にかかわらず、少なくとも運転免許に関しては「永久はく奪」ぐらいしても良いのでは?と思います。

懲役刑と罰金刑ももっと引き上げていいと思います。

飲んだら乗らなきゃいいだけですから、飲酒運転の刑罰を重くしても、誰も反対しないのでは?と個人的に思います。

同乗者や酒の提供者も罰せられる

飲酒運転の場合、同乗者も罰せられます。

具体的に言うと

  • 飲酒運転者への車両提供者
  • 飲酒運転者の同乗者
  • 飲酒運転車へ酒類を提供した者

が、飲酒運転をほう助した者として罰せられることになります。

ちなみに、飲酒運転者への車両提供者の場合

  • 運転者が酒酔い運転の場合、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 運転者が酒気帯び運転の場合、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

といった罰則を受けることになり、飲酒運転者への酒類提供者や同乗者の場合

  • 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

もはや、飲酒運転者だけにペナルティを課していても効果が薄いため、止めなかった周りも連帯責任として罰を受けるという仕組みになっています。

このように、飲酒運転すると、周りにも迷惑をかけてしまうことを十分理解して、絶対に飲酒運転をするのはやめましょう。

飲酒運転による凶悪な死亡事故

飲酒運転がどうしてこのように重大な社会問題になっているかというと、凶悪な死亡事故につながるケースが多いからです。

飲酒運転の悲惨な事故をいくつか例示しますが

  • 福岡海の中道大橋飲酒運転事故
  • 北海道砂川市ひき逃げ事故
  • 小樽飲酒ひき逃げ4人死傷事件
  • 東名高速飲酒運転事故
  • 名古屋市中村区畑江通で死亡ひき逃げ事件

このように、飲酒運転は、ひき逃げ・逃亡・引きづり・スピード違反・信号無視・・・などあらゆるルール違反を同時に犯しているケースがとても多いです。

その結果、何の落ち度もない、人様の大切な命を奪っている。

あまりにも飲酒運転による死亡事故が多いため、自動車の危険な運転によって人を死傷させた場合、危険運転致死傷罪が適用されることになりましたが、それでも最も長い懲役刑で20年(加重の場合最高30年)なので、少ないといわざるを得ません。

危険運転によって、何人も死者が出ている場合、そして無残にも被害者を引きづった状態で何キロも走行している運転者には、死刑と同等の処分が下されてもいいのではないかと強く思います。

みなさんはどのように感じるでしょうか?

飲酒運転で亡くなった被害者の残された家族の心の傷は一生癒えることはありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ