5ナンバーと3ナンバーの違い

みなさんが今乗っている車は「5ナンバー」ですか?
それとも「3ナンバー」でしょうか?

昔ほど、車のナンバーを気にする人は減ってきているのかもしれません。

というのも、今から30年ほど前は、今ほど「3ナンバー」の車は多くなく、ベンツやボルボなどの高級外車や、クラウン、センチュリーなどの一部の超高級国産車のみが「33」などの番号を付けてましたから、眺望の的だったのですが、今はほとんどの普通車が「3ナンバー」を付けていて、「5ナンバー」の車を見つける方が難しいって状態ですからね。

そもそも、この「5ナンバー」と「3ナンバー」の違いはどのようなところにあるのでしょうか?

5ナンバーと3ナンバーの違いは、車体の「大きさ」と「排気量」で決まる

実は、車のナンバーが「5ナンバー」「3ナンバー」なのかは、自動車の車体の「大きさ」と「排気量」で決まります。

  • 車の全長が4700mm
  • 車の全幅が1700mm
  • 車の全高が2000mm
  • エンジンの排気量が2000cc

車の大きさと排気量がこの数値以下であれば5ナンバーになり、それ以上であれば3ナンバーになるのです。

つまり5ナンバーの車が横幅を数センチ広くしただけで、3ナンバーになっちゃうんですね。

なので、3ナンバーだから馬力があるかといえば、必ずしもそうとは言えず、5ナンバーと同じ排気量の3ナンバーの車も少なくないということです。

ちなみに、自動車の税金は「排気量」と「車体の重量」で決定されます。
詳しくは

  • 自動車税・・・「排気量の大きさ」
  • 自動車重量税・・・「車体の重量の大きさ」

によって課税額が変わってくるため、必ずしも車のナンバーが税金に関係してくるってことではないということです。

車のナンバーを決める車体の大きさは自動車税とは関係ないからです。

一方、軽自動車の定義ですが、車体のサイズが、全長3400mm以下・全幅1480mm以下・全高2000mm以下で、エンジン排気量が660cc以下の場合と決められています。

軽自動車は、3ナンバーの普通車や5ナンバーの小型車と比べると、自動車税も自動車重量税も安く設定されているので、維持コストを抑えたいということであれば、乗用車を売って、軽自動車を買うということでも良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ