ゼロ査定を受けても諦めたらダメ!最終的に40万円も高く車を売れました

ゼロ査定を受けても諦めたらダメ!最終的に40万円も高く車を売れました車を売るとき、ゼロ査定をもらうことは珍しくありません。

ゼロ査定とは、文字通り0円査定のことで「あなたの車は買取れません」と買取拒否されたことを意味しています。

でもですね、ゼロ査定をもらってからが、本当の勝負だと私は経験上思っています。

なぜなら、最終的に40万円も高く車を売ることが出来たからです。

※関連記事:私が愛車を40万円も高く買い取ってもらった車買取サービスはこちら

査定ポイントは「走行距離」「年式」だけではないとのこと

ここまでの話を整理すると、結局私のマークXの査定結果は、

  1. 買取店A・・・買取額10万円
  2. 買取店B・・・買取額0円(ゼロ査定)
  3. 買取店C・・・買取額40万円

ということで、買取店Cに売ることにしました。

正直もう少し頑張って多くの業者に査定してもらったら、40万円よりも高い査定をもらえていたかもしれません。

ですが、買取店Cの営業マンの対応が、とても丁寧に査定してくれて、10万円で売るしかないかなと思っていた暗い自分の気持ちを明るくしてくれたので、このタイミングで「車買取店C」に売却することに決めて印鑑捺印の上署名しました。

ゼロ査定されたときの屈辱感を拭ってくれたことへの感謝の気持ちも正直ありました。

ゼロ査定の多くが現物も見ずに数値だけで判断

ゼロ査定で多いパターンが、買い取り対象の車の実物を見もせず、「走行距離」「年式」「事故歴」「故障個所」など、電話でのヒアリングや、入力データから瞬時にわかる「数値データ」だけ見て査定しているケースです。

丁寧に乗られて綺麗な状態である車は、「走行距離」が多くて「年式」が古くても、数十万で買い取る価値がある車でケースが多々あります。

でも、実際現場に行って査定するのがめんどくさいんですね。

それよりも、客観的な数値データを見ただけで明らかに高値で買い取る価値がある車に対してパワーを集中したほうが、費用対効果が高いというわけです。

そんなわけで、「走行距離」「年式」「事故歴」などを聞いたうえで、そこまで買い取るメリットのなさそうな車に対しては、現地に赴くことなく電話口から「申し訳ありませんが、ゼロ査定になります」という回答をする車買取業者も少なくないという現状があるんですね。

なので、実際に車を見に来ようともせず、電話で査定額を出す業者がいたら、他の業者にも必ず相見積もりを取るようにしてください。

車の状態を直接見に来る業者さんであれば、買わない理由を探すよりも、買う理由を見つけてくれるますので、電話での査定業者よりも高く車を査定してくれる可能性が高いです。

業者ごとに車査定額が異なる理由

この前私自身も愛車を売却したのですが、最終的に40万円も高い価格で買い取ってもらいました。

そのときのことを、こちらに車売る体験記としてまとめていますが、ゼロ査定してくれた業者もいましたし、逆に走行車にもかかわらず40万円という高値を付けてくれた業者もありました。

私が思うに、業者ごとに車査定額が異なる理由は

  • 販売チャネルの多さ
  • 車買取という仕事に対する営業マンの熱意

だと感じています。

買取後、売却先の選択肢が多い優良な中古車買取店の方が、あらゆる車の買取に対して積極的なはずですからね。

販売チャネルが、路面販売のみの買取店だと、当然買取れない車も出てくるでしょうから、ゼロ査定だって増えてくると思います。

ただ、私たち車を売る立場の人間としては、どの業者が優良な車買取店かどうか、知る必要は全くありません。

こちらの「車一括査定サービス」を使うことで、見積りを多くの業者にもらうことが出来るため、その中でもっとも高い買取査定をしてくれた車買取店に車を売ることで、車を高く売ることができるからです。

私みたいに0査定を受けても、次の査定で40万円の査定をもらえる可能性もあるので、諦めたらもったいので、車を売る際には、最初の業者に提示された査定額に妥協することなく、複数の車買取業者に査定をもらうようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ