当初より愛車が30万円も高く売れた!【我が家の車売却の全記録】

先日、私が長年乗っていた車を地元の中古車販売店に売却しました。

売却したのは、12年前に新車で購入した「トヨタ マークX」で走行距離14万キロの愛車です。

結果的に、当初の予定よりも30万円も高く売ることができたので、その時の車売却の全てを書き残しておこうと思います。

車を高く売りたいって方は多いと思いますので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

エンジンのかかりが悪かったのでディーラーに行った

職場からの帰りのことですが、エンジンのかかりが悪いことが気になりました。

バッテリーが上がっているのか、それとも電気系、燃料系、スターターモーターなどいずれかに原因があるのかわかりませんが、つい最近知り合いが車で事故をおこしていることも気になって、自動車ディーラーであるトヨタに見せに行くことにしました。

ディーラーで詳しく点検してみた結果、特に異常らしい異常は見当たらず、気になるなら、精密検査をしましょうか?とのことでした。

聞けば、精密検査には1か月ほどかかるとのこと。

その間、代車を貸してくれるということだったのですが、ちょっといろいろとメンドクサイなと思ったこともあり、最近気になっていたレクサスの買い替えを考えてみようかなと考え始めました。

マークXなのにたった10万円の査定!

知り合いがとある中古車販売店大手で働いていることもあり、すぐに連絡を取りました。

状態の良い中古のレクサスIS300hがあれば知りたいのだがと聞いたところ、3000キロ程度しか走行していない新古車状態のレクサスがあり、500万程度で売ることが出来るという回答がありました。

走行距離はわずかだし、新車のレクサスIS300Hよりもはるかにお買い得だと思ったので、ここで初めてこれまで乗ってきたマークXを売却することに決めました。

手っ取り早いので、その中古車販売店の知人に、愛車のマークXを売りたいので売却額を査定してもらったところ、びっくりするほど安い金額が提示されました。

その額なんと、10万円!!

確かに、購入したのが12年前なのでかなり前ではあります。

また走行距離も14万キロを超えているため、かなりの距離乗り込んでもいます。

ただ正直、少なくとも50万円ぐらいで売れるだろうと思っていたので、びっくりして査定額が低い理由を聞いてみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ