サンキューハザードの危険性

車を運転している人にとっては、サンキューハザードはよく知られている行為だと思います。

サンキューハザードは、速度を落としたり、止まったりすることで他の車に道を譲ってもらった相手のドライバーに対してに、お礼の気持ちを込めてハザードランプを数回点滅させる行為のことですね。

私も相手の車に道を譲った時に、サンキューハザードを出されると、お礼を言われているみたいでほっこりした気分になります。

逆に道を譲ってもサンキューハザードがないと、あれ、、と思ってしまうところが私の器量の小さいところなのですが、、汗

ハザードランプと停止の合図は混同しやすい

話を元に戻します。

このサンキューハザード、日本ではかなり浸透しているドライバー間のコミュニケーションなのですが、免許取立ての人や、余裕のないときにあせってやってしまうことで、思わぬ事故につながるケースが少なくないようです。

これは、サンキューハザードを出す側の注意がドライビングからそれることで、前方不注意などが原因となる事故をおこしてしまうケースのことを指しています。

また、それだけではなく、サンキューハザードを目にしたとき、お礼の意味のハザードランプなのか、停止するときのランプなのかがわからず、事故につながるケースもあるようです。

ドライバー同市の良いコミュニケーションだとは思うのですが、事故につながらないように、他のランプと混同しないように、自動車会社や関係機関は、対策を講じる必要があるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ