交通マナーを守らなかった結果、、

自動車を運転するうえで、必ず守らなければならにことがあります。
それは、法律と交通マナーです。

交通マナーや法律を順守せず、周りを顧みず自分勝手に運転してしまうと、思わぬ事故を引き起こしてしまうきっかけになる場合があります。

最悪の場合、死亡事故につながるケースも少なくありません。
自分が起こした自動車事故で、他人の尊い命を奪ってしまった場合、刑事上の罰則を受けることは当然のこと、民事上の巨額な賠償責任を負うことになります。

これまで幸せだった人生が一変してしまいます。
そうなってしまうと、二度と自動車に乗りたいと思えなくなる人がほとんどなのではないでしょうか。

ルールを守って安全運転を心がけたいものですね。

ちょとしたルール無視で思わぬトラブルに巻き込まれる危険もあるので、他人の人生と自分の人生台無しにしないように、自分の身を守るためにも法律とマナーを守るようにしましょう。

高速で追い越されて、抜き返したら恐ろしい結末が・・・

高速道路は2車線、3車線になっています。 自動車を運転するうえで、スピードを出す人もいますし、逆にスピードを抑えて安全運転をする人もいます。 もちろん法定速度を守って、その範囲内のスピードで運転しているのであれば、その速・・・

一時停止しない車から身を守ろう

一時停止線というラインがあります。 歩行者を車の危険から守るために、一時停止線の前で車は一時停止しなければなりません。 しかし、実感としては一時停止する車の方が少ないのではないかという印象を持っています。 先日目にした光・・・

富山県で車査定、車を高く売るには?

富山県内にお住まいの方は、車を売る際、ディーラー下取りだとたいした額で引き取ってもらえないこともあり、アップルやガリバーなど大手でTVCMで有名な中古車買取店に電話したり、家の近くの車買取店に愛車を持ち込んで売却額を査定・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ