てんかんの友達が運転する車に同乗は危険?

てんかんの友達が運転する車に同乗は危険?いつも自分で運転している人は、たまに知人の運転する車に乗っけてもらうのは楽でうれしいですよね。

ですが、他人が運転する車に乗るということは、自分の命をその人に預けるということと同じ意味になります。

このことは、「自分が運転するときは同乗者の命を自分が預かっている」という意識がある人であれば、自ずとわかると思います。

そこで大事になってくるのが、その友達の運転技術は本当に信頼に足るものなのかということです。

自分の身を守るためにも、そして自分の家族に悲しい思いをさせないためにも、その友達が運転する車に乗っても良いのか冷静に判断しましょう。

てんかんの友達が運転する車に同乗は危険?

例えば運転免許を取り立ての友達が運転する車には乗らない方が良いでしょうね。

大勢で遠出でドライブに行く場合などは、気持ちが大きくなってしまうものですが、ベテランの人に運転を任すのが適切な判断となります。

また、「てんかん」の持病を持っている人が、運転中に発作が起こしてしまい、凄惨な交通事故を起こしてしまったというニュースを目にすることもあると思います。

私は「てんかん」について詳しくはないですが、自分の友達にてんかんの持病を持っている人がいるので、こういうニュースはとても気になってしまいます。

「てんかん」にも症状が重い人から症状が軽い人まで、程度は様々だと思いますが、ポイントは、前述した通り、その人に自分の命を安心して預けることが出来るかという点に尽きると思います。

また、自分自身、運転免許も車も持っているけど、運転に自信がなく、他の人を乗せることも怖くてできないという人は、そこまでして自分で運転する必要はないと思います。

交通事故を起こしたら、自分の人生は本当に大きく変わってしまいます。

交通事故を起こした芸能人、著名人を見ると、交通事故を起こしたらどういう運命が待っているのか想像がつくと思います。

被害者も出ますし、最悪の場合相手をひき殺してしまう可能性だってあります。

人生を楽しく生きるためにリスクの高いことを排除することは、至極真っ当な判断ですので、自分は運転しないという決断もまた正しいのではないかと思います。

車を売るのであれば、こちらに車を高く売る方法について簡単に解説していますので、興味のある方は読んでもらえたらと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ