横断歩道なのに突っ込んでくる車への対処法

こちらが横断歩道を渡っているのに、すごい勢いでスピードを緩めずに横断歩道突っ込んでくる車をたまに見かけますよね、、

私も先日、横断歩道を渡っている最中に、猛スピードで突っ込んでくる車に危うく轢かれるところでした。

私以外にも何人か横断歩道を渡っていましたが、減速どころかむしろ全力で加速しながら横断歩道に突っ込んでくる、その黒塗りのヤン車にひかれないように、みな駆け足で横断歩道を渡り切っていました。

幸いにも誰も轢かれませんでしたが、のんびりと渡っていたら、確実に数人ひき殺されていたと思います。

こういう車の暴走行為って、かなり腹が立ちますし、気持ちが落ち着くまで時間がかかりますよね。

知能指数が低すぎて、頑丈な鉄の塊に乗って安全な状態で「お前ら、どかねーと轢いちゃうぞ!」って粋がるその姿勢があまりにも情けなく、ダサいってことに気が付かないんでしょうね。

このように、横断歩道なのに突っ込んでくる奴に出くわした時、私たちはどのように対処すべきなのでしょうか。

モラルのない人間には絶対に関わらない

横断歩道は歩行者優先なので、自動車は一時停止線で停止する必要があります。

ただ、ひき逃げ系のニュースが後を絶えないことを見ればわかるように、世の中にはマナー最悪でクソみたいなドライバーが少なくないのも現状です。

なので、「見通しの良い横断歩道を歩いているんだから、あの車もスピードを緩め、一時停止線で止まってくれるだろう。」と期待したところで、相手が人の命なんてなんとも思っていないチンピラだったら、こちらが命を失いかねません。

「通行人を車で轢くと刑事罰や民事罰(法外な賠償金)が科せられ、人生終わっちゃうんだし、絶対直前で止まってくれるでしょ。」という常識論を振りかざしたところで、そういう常識が通じない人間に良心を期待するだけ無駄です。

一言で言うと、モラルのない人間には絶対に関わらないってことなのですが、こうした人間を恐れなさいという意味ではありません。

関わる価値がないから、心の中で冷ややかに軽蔑しなさいということです。

いつか事故るかわいそうな車だと心の中で笑いましょう。

なんの落ち度もない歩行者がいるのに、全力で突っ込んでくる程度の低いドライバーの存在が不快で頭にくるのは皆同じです。

だからといって、くれぐれも追っかけてって仕返ししよう、憂さ晴らししようなんて馬鹿な考えは絶対に起こさないことです。

変な人間にかかわったところで時間の無駄ですし、さらなるトラブルに巻き込まれる可能性もあり、何の特にもなりません。

確実にすっきりした気持にもならないでしょう。

そんな交通ルールも守らない、自己中心的なドライバーがこの先無事故で運転を続けられるわけないじゃないですか。

遅かれ早かれ、事故にあったり、最悪なトラブルに巻き込まれる可能性は低くないです。

「横断歩道なのに全力で突っ込んできて、いつか事故っても知らねーぞ(笑)」

ってな具合に、「いつか事故るであろうかわいそうな車」だと心の中で笑うとスッキリしますよ。

悪質な交通事故を起こすと人生は終わります

こちらは危険な思いをしているわけですし、そんな他人の命なんて何とも思わない傍若無人なドライバーの将来なんて知ったこっちゃないですよね。

こんな人間に
「そんな運転してたらいつか取り返しのつかない事故を起こしますよ」
って親切に注意してあげたいとも思いません。

  • 飲酒運転による交通事故
  • 違法ドラッグによる交通事故
  • ひき逃げ
  • 交通事故による死亡事故

など、悪質な交通事故を起こすと、当然刑事罰や民事罰を受けることになりますが、それ以外にもマスコミに顔写真付きで実名報道されて人生終わります。

一度マスコミで悪いニュースとして取り上げられると、正義感を振りかざしたネットニュースなどに拡散されるため、

  • 自分自身の氏名
  • 顔写真や逮捕時の映像
  • 年齢や住所
  • 今働いている職場

などが永遠に残ってしまいます。

そうすると、もはや再就職はもちろんのこと、法律上罪を償ったとしても、もはや誰からも相手にされない悲しい状況に陥ってしまうことになりかねません。

そのためにも、本来であれば交通法規をしっかり守り、横断歩道を歩いている歩行者がいたら、徐行するのがドライバーとして当然のマナーなので守るべきだと思います。

そもそも性格的に安全運転する自信のない人は、事故を引き起こす可能性が高く、運転に向いていないため、今持っている車売る方がいいんじゃないかと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ