覆面パトカーの見分け方【特徴】

覆面パトカーの見分け方覆面パトカーは、一見するとパトカーには見えません。

通常時は一般車両とほとんど同じなのですが、違反車両を見つけたときや何らかの理由で緊急走行を開始するときなどに、赤色灯を取り付けサイレンを鳴らしながら覆面パトカーとしての職務を遂行するのが日課になっています。

実際には、覆面パトカー=スピード違反を取り締まっている交通機動隊が乗っている警察車両という認識であってます。

スピード超過の違反車両を見つけるやいなや、一般道だろうが高速道路関係なく、赤色灯つけてけたたましいサイレン鳴らして、鬼のようなスピードで追いかけてきます(汗)

このように、警察が運転するパトカーであることを意図的に隠すことから「覆面パトカー」という名前がついているのですが、警察が周りにいないと油断している「素の状態の違反者」を取り締まることができるため、とても効果のある取り締まり手段だと言われています。

覆面パトカーの仕事のほとんどが違反車両を取り締まることですので、交通ルールを遵守していれば覆面パトカーを恐れる必要などなにもありません。

ですが、多くの運転者にとって、やはり覆面パトカーの存在は気になりますよね、、

そこで、覆面パトカーの見分け方について書いてみたいと思います。

不自然な動きをするセダンを見かけたら、、

覆面パトカーはセダンが多いのですが、その中でも多く見られる車種が存在します。

  • 日産のスカイライン
  • トヨタのクラウン
  • 日産のティアナ
  • スズキのキザシ

スカイラインもクラウンもとても売れている車種になるため、車種だけで覆面パトカーを見極めるのは正直難しいかもしれません。

しかも、ボディーカラーもホワイトやシルバーなどオーソドックスな色が多いため、余計に目立たないですね、、

ただし、覆面パトカーは違反車両を見つけて検挙することが目的なので、普通の車だとやらないような不自然な動きをすることが多いです。

例えば、高速なのに法定速度以下の速度で走っていたり、必要がない局面で減速と加速を繰り返したりなどですね。

つまり、不自然な動きをする目立たないセダンを見かけたら、「おやっ、もしや!」と思ってもいいと思います。

それから、覆面パトカーの仕事の特性上、2人ペアで乗込んでいるケースが多いため、助手席に乗っている人をチェックしてもいいかもしれません。

覆面パトカーを装った現金詐取に注意!

交通違反をした場合、覆面パトカーに乗った交通機動隊の人から青切符と納付書を受け取ることになりますので、その納付書に住所や氏名などの必要事項を記載して、納付期限内に、郵便局の窓口で収めることになります。

ただし、この覆面パトカーを逆手にとった詐欺犯罪の事例もあるので注意が必要です。

自分の車に赤色灯をつけてニセの警察手帳を見せて、「あなたの車は交通違反してたから罰金を払え」という手口なのだそうです。

先述の通り、交通違反の反則金は、その場で徴収されるものではありませんので、その場で罰金を払わせるような人がいれば、その手の詐欺を疑った方が良いでしょう。

いずれにしても、速度違反などの交通違反をしなければ、覆面パトカーの存在におびえることもありませんので、交通ルールを守り、安全運転を心がけることが大事になってきます。

自分はスピード狂で、ハンドルを握ると人格が変わってしまうという人は、いつか取り返しのつかない事故を引き起こしてしまう危険性を考えて、車を運転するという選択肢を捨てることも検討すべきかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ