通勤用の車は軽自動車で決まり?

公共の交通手段が整備されている都市部では、通勤手段が電車やバスといった方も多いと思いますが、大半の地方在住者にとって自家用車は通勤手段として欠かすことができません。

安全面の問題でバイク通勤する人はそれほど聞きません。

バイク通勤だと、仕事道具を持ち運ぶのも手間ですし、雨の日が多い梅雨の時期の通勤もレインコートを着たりととにかく大変です。

バスもバス停までの移動や朝の車内の混雑を考えると、自家用車で通勤するのが結局楽なんですよね。

そんな通勤用途の車に関していうと、軽自動車が圧倒的に人気のようです。

軽自動車は、家族でファミリーカーとして考えると、必ずしも燃費が良いわけではなく、安全性考えても決してコストパフォーマンスが良いとは言えないケースもあります。

車に乗る人の総重量が多く(重く)なると、その分燃費は悪くなるので、軽自動車は必ずしもエコカーだとは言えないのです。

ただしこのような通勤用の自動車としての用途がメインだと、重量の問題もなくなり、燃費が良く維持費も安い状態で軽自動車を活用することができます。

中古の軽自動車であれば、走行距離がそれなりに行っているモノや、7~8年落ちのモノであれば、20万円程度で見つけることも可能なので、数年間通勤用ととして使用することを考えると、十分元はとれるのではないかと思います。

具体的に言うと単身赴任で数年間地方の支店に出向になった人などに中古の軽自動車はおすすめだと思います。

このように、プライベートではほとんど乗らなく、家族旅行などでも自動車を利用する予定はないが、通勤用ととして車が必要だという人には、軽自動車が高い人気を誇っているようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ