75歳過ぎたら車を売れ!【危険】

75歳過ぎたら車を売れ!【危険】今回のテーマは、

「75歳過ぎたら他人に迷惑が掛かる前に車を売りましょう!」

です。

ちょっと過激ですかね。

でも、そうでもしないと自分事として聞いてもらえないですよね?

年齢的に、正常な判断のもと運転するのが難しくなってる可能性が高いからです。

高齢者ドライバーによる死亡事故は他人事ではない

車があると何かと便利なので手放したくない気持ちはわかります。

ですが、遅くとも75歳を過ぎたら車を運転するのは辞めましょう。

当の本人は乗り続ける気でいたとしても、周りが説得してドライバーとしての引退を宣告してあげましょう。

実際、高齢者の運転する車が登校中の小学生の列に突っ込んだり、アクセルとブレーキを踏み間違えて歩行者を次々と跳ね飛ばしたりといった重大事故が頻発していますよね。

こうした高齢者ドライバーの事故(とりわけ死亡事故)が多いのはご存知だと思いますが、どこか他人事だと考えていませんか?

「自分は認知症じゃない。ぼけ老人扱いするな!」

と憤慨する方もいるかもしれませんが、誰であれ75歳にもなったら、判断力は若いころと比べ著しく低下しています。

運転免許を返納したらタクシーやバスを割引料金で利用できるケースも

「足腰も弱ってきているから自家用車がないと遠出するのが難しい」

と思い込んで、危険とは思いつつも車が手放せない高齢者も少なくないでしょう。

ですが、自分で運転しなくても他人に運転してもらえばその問題は解決するのではないでしょうか。

お子さんやお孫さんなど、代わり運転してくれる身内がいなくても、タクシーを使えば何の問題もありません。

タクシー代が気になる方も多いと思いますが、運転免許を返納したらタクシーやバスを割引料金で利用できるケースも増えてきているので、自治体でそういうサービスがないか調べてみると良いでしょう。

私の祖父も運転免許を返納するのにかなり長い時間を要しましたが、渋々運転免許を手放した後、他人に運転してもらうことに慣れたみたいで、ずいぶん楽になったと喜んでいました。

「車がないと生きていけない」というのは思い込みで、自分が運転しなくても目的地にたどり着く方法はいくらでもありますので、「いつまでも現役ドライバー」などと頑なに固執しないでください。

繰り返しますが、75歳近くになったら、一つの区切りとして運転免許を返納することを強くおすすめします。

下記やこちらに、車を高く売る方法について書いていますので、よかったら参考にしてみてください。

車を高く売るためにおすすめの「車一括査定サービス」

  • かんたん車査定ガイド

    かんたん車査定ガイド

    かんたん車査定ガイドの特徴ですが、多くの買取店に一括査定依頼できることに加え、フォーム入力後すぐに愛車の概算の最高価格を知ることができる点にあります。

    概算とはいえ、すぐに愛車の査定額がわかるのはとてもうれしいですね。
    サイトへの登録に必要な時間もおそよ1分足らずでととてもシンプルです。
    複数業者に査定をしてもらうことで、どこの業者を選べば、高く売ることが出来るのかが簡単に分かります。
    WEBフォームからの査定依頼も入力時間も約1分程度と簡単なので今一番おすすめのくるま一括査定サービスです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ