車の運転が怖くなった人、運転したくなった人がすべきこと

車の運転が怖くなった人、運転したくなった人がすべきこと今まで車運転してきたけど、何らかの理由で運転するのが怖くなることはよくある話です。

もちろん、一定期間運転してなくて、慣れるまでは一人で運転するのが怖いって人もいると思いますが、

一番多いのが、

「自分自身が車の事故を起こしてしまったケース」

でしょう。

また、ニュース等で交通死亡事故を目の当たりにし、加害者が全てを失って社会的制裁を受けているのをまざまざと見せつけられた時、車を運転することのリスクを間近に感じ、車の運転が怖くなるというケースも多いと思います。

車で人身事故を起こした結果、多くのモノを失います

人間誰だってミスをしますので、万が一、交通事故で人に大けがを負わせてしまった場合、また不幸なことに人の命を奪ってしまった場合、加害者としてどのような責任を取らなければならないかを冷静に考えておいた方がいいです。

交通事故で被害者を死亡させてしまった場合の法的責任ですが、

  • 刑事責任
  • 民事責任
  • 行政責任
  • 道徳的責任

この4つの責任を負うことになります。

刑事上の罰則としては、「過失運転致死傷罪」「業務上過失致死傷害罪」が主ですが、所定の懲役刑・禁固刑・罰金刑に処せられることになります。

悪質な事案だと自動車運転処罰法違反罪が適用

ちなみに「信号無視」「飲酒運転」「ひき逃げ」などの結果、被害者をひき殺してしまった場合、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われ、懲役23年の実刑判決が下った事件もありました。

また刑事上の罪を償うだけでなく、被害者遺族に対して、何千万、何億ともいわれる民事上の不正行為責任(損害賠償責任)を負うことになるので、出所後働いて稼いだお金の大半を賠償金として支払い続けなければなりません。

普通の善良な市民であれば、車に乗る前に酒なんか飲まないでしょうし、人を車で轢いておいて、被害者の看護もしないまま逃げるなんてことはありえないとは思いますが、頭の片隅にでも入れておいても損はないと思います。

マスコミで顔写真実名で報道されネット上でバッシングされる

そして、現在のネット社会の特質上、罪を犯してしまった場合、法的な責任を全うしたとしても、ネット上で「実名」「顔写真」「住所」「家族情報」「職業」などの個人情報を晒され公開処刑されるケースが増えています。

私刑とも呼ばれますが、彼らの論理によると「悪いことをした人間、罪を犯した人間をネット上で叩くことは悪いことではない」ということのようです。

ネット上のデジタルデータは、あっという間にSNSなどで拡散されるため、一度炎上したら、完全に削除することはほぼ不可能です。

そのため、罪を償っても、いつまでたっても、自分が犯した罪に対する過度な非難、中傷バッシングが残ってしまい、自分が再起不能になるリスクだけでなく、自分の周りの人間をも不幸にしてしまうということになってしまいます。

ネットが匿名であることの是非はありますが、現状、このようなリスクが考えるということを理解しておいた方が良いでしょう。

ここまで、交通事故で人身事故を起こしてしまった場合の負うべき責任やリスクについて、その一部を書いてみました。

車を所有すべき理由がなければ売ることも検討しよう

このことからわかるように、車がないと生活できない人を除き、車の運転をすべきかどうか、一度ご自身の年齢や適性も踏まえ考えても良いのではないかと思っています。

車を自分で運転しないという選択肢を選ぶこと、そして愛車を手放すことで今まで負ってきたリスクの一部を減らすことは出来ると考えることは出来ると思います。

車を高く売るなら一括査定サービスがおすすめです

  • かんたん車査定ガイド

    かんたん車査定ガイド

    車を少しでも高く売るなら、車一括査定サービス「かんたん車査定ガイド」の活用がもっともおすすめです。
    複数業者に査定をしてもらうことで、どの買取業者が一番高く車を買ってくれるのかを簡単に知ることができます。

    またかんたん車査定ガイドに登録すると、多くの買取店に一括査定依頼できることに加え、フォーム入力後すぐに愛車の概算の最高価格を知ることができる点にあります。

    概算とはいえ、すぐに愛車の査定額がわかるのはとてもうれしいですね。
    サイトへの登録に必要な時間もおそよ1分足らずでととてもシンプルです。

    WEBフォームからの査定依頼も入力時間も約1分程度と簡単なので今一番おすすめのくるま一括査定サービスです。

※参考記事:なぜ一括査定サービスで車が高く売れるのか詳しく解説しています

サブコンテンツ

このページの先頭へ