前評判の上々だったRIZIN13はそれを上回る大盛況で幕を閉じた。

何と言っても、堀口恭二VS那須川天心の試合は、息をするのも忘れて見入った人も多かったのではないか。

でも忘れてはいけないのが、朝倉兄弟の底力だ。

試合順は後回しにされた朝倉未来選手、そして兄弟ともに地上波フジテレビでは放送されなかったが、それぞれ強い対戦相手にしっかり勝ち切った。

 

そして、注目は2018年末のRIZIN。

 

RIZIN13を上回るカードは実現するのか。

 

待ちきれないので、勝手に予想しておくね。

 

RIZIN14予想カード(期待込めて)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

堀口恭司 VS クロングレイシー

朝倉未来 VS 夜叉坊

朝倉海 VS 中村優作

石渡伸太郎 VS 扇久保博正

中井りん VS 渡辺華奈

朝倉カンナ VS 浜崎朱加

国本(ストラッサー)起一 VS ルイス・グスタボ

ディエゴ・ブランダオン  VS 矢地祐介

ミルコクロコップ VS ヴァンダレイシウバ

イリー・プロハースカ VS ロッキーマルチネス

五味隆典 VS 川尻達也

天心 VS 大雅 OR  武尊(キックルール)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうしてみると、ライト級のボリュームが厚いので、RIZINライト級トーナメントしても盛り上がるかも。

早く年末になって欲しい。

みなさんたまアリで会いましょう。